支那からわが国の領土領海を守れ!

支那がわが国の防空識別圏と重なる防空識別圏を設定するといふ暴挙を犯した。当然、わが国の防空識別圏は断固として守り抜かねばならない。

一触即発の危機が迫つてゐる中で、専守防衛ではとてもわが国を守り抜くことはできない。一刻も早く自主憲法を制定して、国防体制の強化が急務である。

現在、通常兵力では支那を凌駕してゐるが、核の脅威に対してはわが国に策はない。露骨なる中華覇権主義を打ち砕くには、わが国も核武装を早急に決断すべきである。

維新政党・新風は、支那が一方的にわが国の領土領海内である尖閣諸島を含む東シナ海に設定した防空識別圏を容認せず、断固として敵を排除すべきことを重ねて政府に要求する。

平成二十五年十一月三十日

維新政党・新風

本部 発信 0705 | 声明 | このページの先頭へ↑