鳩山由紀夫元首相を出国禁止措置にせよ!

支那を訪問してゐる鳩山由紀夫元首相は、北京で全国政治協商会議主席や外相らと会見し、尖閣諸島が領有権を巡る「係争地」であるとの認識を伝へたと述べた。さらには南京市にある「南京大虐殺記念館」を訪問し、謝罪の弁を述べ献花した。

わが国政府が尖閣諸島はわが国固有の領土であり、領有権問題は存在しないといふ立場を堅持する以上、元首相の公的な発言を厳しく弾劾し、その旨を国際社会に対して緊急に発信しなければならない。

維新政党・新風は、従来からも国益を損なふ私的外交を繰り返す鳩山由紀夫元首相に対して、今後、出国禁止の措置を講じるやう、わが国政府に強く要求するものである。

平成二十五年一月十八日

維新政党・新風

本部 発信 1810 | 声明 | このページの先頭へ↑