中共に敗北した菅政権を許すな!

尖閣諸島周辺の日本領海内で海上保安庁の巡視船に中共漁船が衝突した事件で、那覇地検は本日、中共漁船船長を処分保留で釈放すると発表した。

菅民主党政権は主権国家としての矜持を捨て去り、中共政府の脅しに屈し卑劣な外交圧力に敗北した。戦後体制容認政権の当然の帰結である。

この結果、わが国は恫喝に屈する国家との誤つたメッセージを世界に発信しただけではなく、尖閣諸島放棄を中共に認めたに等しい行動を取つたのである。

維新政党・新風は、菅民主党政権の国家の尊厳を陥れ国家主権を放棄した屈辱外交を決して看過できない。政権担当能力の無い菅政権は即刻総辞職すべきであると勧告するものである。

平成22年9月24日

維新政党・新風

本部 発信 2303 | 声明 | このページの先頭へ↑