日本を貶めるだけの日韓合意を撤回し国交を断絶せよ!

十二月二十八日に日韓外相会談で、日本は河野談話同様に軍の関与を認め、心からお詫びと反省の気持ちを表明したうへ、十億円の拠出を約束した。しかも、日本大使館前の慰安婦像撤去の確約もとつてゐない。おほかた予想通りの売国外交を安倍政権はしでかした。

既に虚構の従軍慰安婦は世界に広まり日本の名誉を貶めている。今回の日韓合意で虚構が現実と化す恐れが強まつた。

日韓外相会談による合意は将来に禍根を残す失策である。維新政党・新風は安倍政権に合意の撤回と韓国との国交断絶を求める。

維新政党・新風

平成二十八年一月十二日
本部 発信 0651 | 声明 | このページの先頭へ↑