沖縄二紙を排し、百田発言を支持する!

自民党の若手議員勉強会での百田尚樹講師の「沖縄の二つの新聞(『琉球新報』と『沖縄タイムス』)は潰さないといけない」との発言を、「報道の自由」を侵すものとして国会では民主党はじめとする野党が、テレビではキャスターが大合唱で攻め立ててゐる。

「報道の自由」に虚偽や捏造の報道をする自由が含まれる筈がない。この二紙は反基地、反米、沖縄独立を扇動するために、デマゴギーに満ちた報道をしてゐる。
これは日本の国益のみならず、沖縄県民の利益に反してゐることは明らかである。

維新政党・新風は、百田氏の「言論の自由」を擁護し、二紙の廃刊を希ふ声を支持する。

平成二十七年七月五日

維新政党・新風
本部 発信 1042 | 声明 | このページの先頭へ↑