日本を貶めるだけの日韓合意を撤回し国交を断絶せよ!

十二月二十八日に日韓外相会談で、日本は河野談話同様に軍の関与を認め、心からお詫びと反省の気持ちを表明したうへ、十億円の拠出を約束した。しかも、日本大使館前の慰安婦像撤去の確約もとつてゐない。おほかた予想通りの売国外交を安倍政権はしでかした。

既に虚構の従軍慰安婦は世界に広まり日本の名誉を貶めている。今回の日韓合意で虚構が現実と化す恐れが強まつた。

日韓外相会談による合意は将来に禍根を残す失策である。維新政党・新風は安倍政権に合意の撤回と韓国との国交断絶を求める。

維新政党・新風

平成二十八年一月十二日
本部 発信 0651 | 声明 | このページの先頭へ↑

年頭の御挨拶

年頭にあたり皇室の弥栄をお慶び申し上げます。
党員党友支援者の皆様方には清々しい新年をお迎へのことと存じます。

本年は第七期の最終年です。夏の参議院選挙での組織的勝利を目指して党活動を活発に推進して行きます。

現在の我が国では、自民から共産まで全ての既成政党が戦前戦中における日本を悪者とする歴史観から抜け出せずにゐます。現状のままでは諸外国に歴史認識で反論すらできません。国会内に占領軍のお仕着せを良しとしない政党が全く存在してゐない状況こそが、わが国が諸外国に侮られ、失地回復どころか固有の領土さへも侵略されかねない最大要因です。

維新政党・新風は、わが党の伸張こそが現下の国難を乗り越えられる唯一の選択肢であると確信してをります。尊皇愛国を旨とする真の国民政党としての政治勢力の確立を目指し、全党一丸となつて邁進する所存です。
  
本年も旧年に倍する御支援を賜りたく、年頭にあたり御挨拶申し上げる次第です。

平成二十八年一月一日

維新政党・新風
本部 発信 0007 | 声明 | このページの先頭へ↑